記憶力をアップさせる効果的な方法

暗記力・記憶力アップさせるためのブログです。さらに受験や資格試験の勉強を効率的に行う方法を紹介しています。また無料特別レポートもあるので参考にしてください。

語学力と記憶力の関係

2013年2月25日 | 未分類 | , , | コメント(0)

英語をはじめとする語学力が問われる時代です。
国際化が進み、ビジネスシーンにおいても語学力は不可欠ですね。


そんな語学力は記憶力と大きな関わりがあります。


まず基本的な部分として単語や熟語、
決められた言い回しといったものを覚える必要があります。
とくに単語は記憶力が特に重要ですね。


言語を把握する能力というと、左脳が司っているイメージがありますが、
それはあくまで母国語の場合。外国語を身につける場合には
右脳の活性化も不可欠です。


右脳は音の認識や情報を高速に処理する働きを持っています。
外国語を身につけるためには耳慣れない言葉を「音」としてしっかり聞き取ること。


1度に聞き取った情報をすばやく処理する必要があります。
それはそのまま記憶力と直接関わるものです。


このように、語学力と記憶力との間には密接な関わりがあり、
極端な話、語学力を高めるためには、まず記憶力を高めることが必要になるのです。


外国語を勉強する際にはぜひとも踏まえておきたいポイントとなるでしょう。


【無料特別レポート】
成績アップ、試験合格のための暗記法・記憶術



まずは単語を覚えることに、喜びをこれで感じてみてください。

物忘れの克服法

| 未分類 | , , | コメント(0)

ついつい物忘れをしてしまうケースはよくありますよね。
また年齢を重ねると物忘れがひどくなるということも。


あまり頻繁に物忘れをするようになると
仕事など日常生活に支障をきたすようになり、対策が必要になります。


物忘れの克服法の基本となるのが記憶の反復。
人間の脳は時間が経過すると忘れるようになっています。


覚えたその場で強く頭に刻み込んでいても時間が経過すると
あっさり忘れてしまうことも少なくありません。


それを防ぐためには適度な間隔での反復が必要です。
記憶は大体1時間経過すると半分を忘れてしまうといいます。
ですから1時間ごとに思い返すようにするのがポイントです。


それから記憶の方法。単に頭に刻み込むのではなく、
イメージを伴った形で頭に刻み込むと忘れにくくなります。


たとえば傘を持っていく場合には雨が降り出して
傘をさして歩く姿をイメージしながら
覚えることでより忘れにくくなります。


これらの克服法を日常生活の中で実践することで
物忘れを防ぐことができるでしょう。


イメージを刻み込む記憶法の基本は、
このレポートで基本は押さえることができます。


【無料特別レポート】
成績アップ、試験合格のための暗記法・記憶術

人生を変える記憶術とは?

| 未分類 | , , | コメント(0)

記憶力はすべての土台になるといっても過言ではありません。


どんな試験でも暗記力は大きくものを言いますし、
仕事でも重要な用件を記憶できるかどうかは
作業の効率に大きな影響を及ぼします。


ですから、記憶力をアップすることができれば
自分の能力をさらに高めることが可能です。


試験の合格、仕事の効率アップ、さらには難関合格の合格や昇進、
国家試験の合格といった目標達成も可能になり、
記憶力のアップは人生を変えるといっても過言ではないでしょう。


そんな人生を変える記憶術として挙げられるのが右脳のトレーニング。
何かを記憶しようと思った時に、どうしても言語把握を司る
左脳だけを使ってしまいがち。

それに対してイメージ力や視覚認識、
情報の高速処理に優れた右脳を一緒に活用すれば
記憶力を大幅にアップさせることが可能です。

人生を変えたい人、より充実した人生を
送りたいと思っている人は右脳を開発する
記憶術を試してみてはいかがでしょうか?


このレポートには基本となる、
右脳トレーニング方法が書かれています。


【無料特別レポート】
成績アップ、試験合格のための暗記法・記憶術



ぜひ参考にトレーニングを活用してみてください。

自分を変えたい人へ

| 未分類 | , , | コメント(0)

これまでの自分を変えたい、生まれ変わって
やり直したいと思っている人も多いでしょう。

受験や仕事で壁にぶち当たった場合などによくあるケースです。

そんな時にはどうしても自信を失っているもの。
「どうせオレはできがよくないから」といった考えが
さらに足かせになり、ますます自信を失ってしまうのです。

そんな状態から抜け出し、新たな自分の可能性を
切り開くのに役立つのが右脳の活用です。

右脳は視覚情報の認識や、イメージ喚起力などを司っている脳です。
感受性や想像力など感覚面において大きな働きを持っています。
しかし右脳をあまり活用していない人も多いのです。

右脳を活用できるようになれば記憶力がアップし、
作業の効率を高めることができます。

また感受性が豊かになり、新たに感動や新鮮な驚きを
味わうことができるようになります。

これまで知らなかった自分の能力、
気づかなかった日常生活の魅力などを知ることによって
生まれ変わったような気分になることもできるでしょう。

自分を変えたい人は右脳のトレーニングを試してみてはいかがでしょうか?

大げさではなく、しっかりと取り組めば、
無料で人生を変えることも、できるんですが…

【無料特別レポート】
成績アップ、試験合格のための暗記法・記憶術

英単語をたくさん覚える方法

| 未分類 | , , | コメント(0)

英語を勉強していく上でもっとも基礎となるのが英単語。
単語覚えておかないと、手も足もでないものです。


ですから少しでも多くの英単語を覚えていくことが大切になります。


そんな英単語をたくさん覚える方法としては、まず派生語の把握があります。
英語は同一の語源から派生した単語が多数あります。
形容詞形や副詞形を把握しておくことも不可欠ですね。


これだけで相当数の英単語を効率よく暗記できるでしょう。


単語カードなどを使用して集中的に覚えようとする人も多いですが、
やりすぎには注意が必要です。一気にたくさんの英単語を
叩き込んでも忘れてしまいます。


まず必要最低限の単語を身につけ、
その後は英文の読解を行いつつ、文脈の中で覚えた単語を
再確認していくことで、記憶を強化することができます。


そうしたらまた新たに英単語を暗記し、読解で再確認していく…
この繰り返しで英単語のボキャブラリーと
読解力を同時に身につけていくことができるでしょう。


英単語は広く浅く、少しずつ深めていくことがポイントです。


特に単語がなかなか覚えられない人は、
このレポートを読むと、面白い気づきがありますよ?


【無料特別レポート】
成績アップ、試験合格のための暗記法・記憶術

頭の効果的な働かせ方

| 未分類 | , , | コメント(0)

成績のいいひと、世に言う「頭のいい人」は
生まれつき才能に恵まれているというより
頭の働かせ方がうまいケースが多いようです。


こういった人たちは意識・無意識を問わず
頭を効果的に働かせる方法を知っているんですね。


では頭を効果的に働かせるためにはどうすればよいのでしょうか。


それには五感の活用と適度な反復がポイントです。


五感の活用とは何かを覚える時、
考える時に五感全体を活用するようにすることです。


たとえば匂いは強烈な記憶を残します。また音も記憶に残りやすいもの。
なかなか覚えられない難しい単語も
音や匂いをセットすれば、すぐに覚えることができます。


そういった五感をうまく活用する心がけが大事になるのです。


それから反復。どんなに頭がいい人でも時間が経てば忘れます。
適度に思い返して、反復することで、記憶が強化されます。

短期間に集中して頭に叩き込むのではなく、
適度に感覚をあけて何度も反復することによって
継続的な記憶力アップに繋がります。


こういった効果的な頭の働かせ方を身につけることによって
成績アップを目指すことができるでしょう。



どうせ成績UPを狙うなら、楽しんで勉強しませんか?



【無料特別レポート】
成績アップ、試験合格のための暗記法・記憶術

記憶力の良し悪しはどこで決まるの?

| 未分類 | , , | コメント(0)

世の中には記憶力のある人とない人がいます。
ほとんどの人は、自分は記憶力がないと思っているんですね。

この記憶力、生まれつきの才能だと思っている人も
多いようですが、実はそんなことはありません。

記憶力に関わる有名なデータに「忘却曲線」というものがあります。
覚えた単語がどれぐらいの時間で忘れるかという平均を示したものです。

これによると覚えてから1時間後に約50%程度を忘れ、
1日後には約25%程度しか覚えていないんですね。

この傾向に個人差はほとんどありません。

つまり、どんなに記憶力がいい人でも
時間が経てば忘れてしまうものなのです。

では、なぜ記憶力の良し悪しがでてくるのでしょうか?

それは記憶力が良い人は適時覚えた記憶を反復しているからです。
1時間後に50%を忘れるならその前に
記憶を思い出して反復すればいいわけです。

記憶力が悪い人は、1度覚えたらそれっきりというケースが多いのです。

この点を踏まえておけば記憶力を向上させることも可能でしょう。
日常生活の中で意識してみてはいかがでしょうか?

あなたの記憶力が悪いのではなく、
結びつきの学習法を、知らないだけかもしれませんよ?

【無料特別レポート】
成績アップ、試験合格のための暗記法・記憶術

無このレポートで、優良記憶能力者に生まれ変わってください。

心理学者エピングハウスの実験

| 未分類 | , , | コメント(0)

人間の記憶力を探る上で非常に役立つデータがあります。
心理学者の『エピングハウス』という人が行った実験です。

このデータは「忘却曲線」とも呼ばれているもので、
勉強した単語を、どの程度の期間覚えていることができるかというもの。

この実験データによれば勉強してから
1時間後まで覚えていられる単語は約50%程度、
一日後だと約20~30%程度。

面白いのは、それ以後1ヶ月後まで
このパーセンテージはほとんど変わりません。

最初の1日で曲線は急激にダウンし、以後は水平に進むんですね。

ですから、暗記を確実にしたい場合には
まず1時間後に確認し、そして翌日に再び確認することが重要ですね。

このデータに個人差はほとんどありません。
記憶力の良し悪しは記憶を保つための勉強法に
優れているかどうかで決まるといわれています。

つまり勉強次第で記憶力アップは可能なのです。
この実験データを見ながらあらためて
勉強方法を見直してみてはいかがでしょうか?

勉強方法を変えるだけで、
驚くほどの記憶力UPが望めるのですが…

 

【無料特別レポート】
成績アップ、試験合格のための暗記法・記憶術

無料とあなどらず、ぜひ勉強に役立ててください。

右脳を活用した記憶法

| 未分類 | , , | コメント(0)

記憶力をアップさせるためには右脳の活発化がとっても重要です。

左脳は言語能力や理解力を司っています。
なので、勉強や暗記作業の際には
特に左脳が使用されるケースが多いのです。

それに対して右脳は視覚認識や
イメージ力など感覚的な面を司っています。
そのため記憶する際には使われないことが多いですね。

しかし右脳は左脳に比べ処理能力に優れています。
また視覚やイメージを伴った方がより記憶の効率がアップします。
そのため、いかに右脳を上手く活用するのかがポイントとなります。

そんな右脳を活用した記憶法としてはビジュアルを利用したものがあります。
文字と絵を同時にインプットさせる方法なんですね。

カードなどを利用したものが一般的ですが、
最近ではパソコンで出来るソフトもあります。
パソコンなら音を加えることができ、
さらに右脳の働きを活性化させることができます。

眠っている右脳の能力を引き出すためにも
右脳を重視した記憶法は大きく役だってくれることでしょう。 

【無料特別レポート】
成績アップ、試験合格のための暗記法・記憶術

目標達成と記憶術のかかわり

| 未分類 | , , | コメント(0)

明確な目標を立て、そのために努力を行うのは、とっても大切なことですが、
実践するとなると、なかなか難しいのが現状です。

試験に限らず、何かを身につけ、自分の能力を高めようと思えば
覚えなければならないことが多いからです。

ですから、目標達成のためには記憶術が大きな役割を果たします。
記憶力がアップすれば必要な知識や情報を
短期間にたくさん覚えることができるからなんですね。

さまざまな知識・情報を身につけることができれば
さらに高度な勉強をすることができます。

知識・情報を駆使した思考能力のアップも期待できますね。

さらに大きいのが意欲の向上です。

覚えなければならない知識・情報がなかなか頭に入らずに
計画が狂ったり、やる気を失ってしまうケースが実に多いもの。

しかし記憶術で記憶力を高めればスムーズに
計画を進められるだけでなく、意欲を維持することも可能です。

それが集中力のアップにも繋がるんですね。

このように、目標達成と記憶術との間には密接な関わりがあるのです。

 目標を強く持ち、記憶術に興味があるなら… 

【無料特別レポート】
成績アップ、試験合格のための暗記法・記憶術

まずはこのレポートで密接なかかわりを学んでください。

1 / 3123